ビジネスマン向け冠婚葬祭マナー紹介サイト

  1. >
  2. >
  3. 還暦祝い

還暦祝い

還暦祝いを送るときには相場を理解しておく

還暦祝いは目上の方へのお祝いとして贈るものですが、品物を考えるときは相場を考慮する必要があります。
相場より高いプレゼントなどをしてしまうと、逆に気を遣わせてしまう場合があるからです。

特に目上の方はこうしたマナーを気にする方もいるため、せっかくのお祝いが台無しになってしまう可能性もあります。
こうしたことを避けるために、相場を理解しておくことは大切です。

還暦祝いの相場は、3,000円ほどまでが相場です。
思ったよりも安く感じるかもしれませんが、このくらいの金額で品物を購入すれば十分です。

目上の方をお祝いするときに大切なのは、金額に加えて「気持ち」です。
仕事などで大変お世話になった方には、品物だけでなくメッセージを添えると良いでしょう。
それほど長くなくても良いので、これまでの感謝を込めてカードなどを渡せばきっと相手の方も喜んでくれます。

また、職場の人たちでお金を出し合って還暦祝いを渡す場合、トータルで2〜3万円くらいのものを考えると良いでしょう。
例えば10人で3千円ずつ出し合って3万円でお祝いの品を購入すれば、相場くらいのお祝いになります。

贈らないほうが良いものもある

還暦祝いは受け取る側も嬉しいものですが、贈ると逆に失礼になってしまうものもあります。
例えば還暦を迎える方に「健康器具」を贈るのは、避けた方がいいでしょう。

人によっては還暦でも自分自身を「まだ若い」と思っていることがありますから、高齢者向けの健康グッズを贈ると喜ばれない可能性が高いからです。
相手のことを思った上での選択でも、快く思われないこともあることを理解しておきましょう。

また、靴下やスリッパなど、「下」をイメージさせるものも避けるべきです。
こうしたものは相手の方を見下すイメージになってしまい、大変失礼です。
必ず押さえておきましょう。

逆に贈ると喜ばれやすいプレゼント

上記のように失礼になりやすい品物がある一方、喜ばれやすいプレゼントもあります。
代表的な例としては、「趣味に関するもの」が挙げられます。

お世話になった方がゴルフ好きな場合、ゴルフのグローブなどをプレゼントしてみてください。
すると「ゴルフのグローブか、気の利くプレゼントだな」と思ってもらうことができます。
また、お酒が好きな人には、お酒をプレゼントするのも良いでしょう。

こうした良い贈り物をするためには、日頃からお世話になった方と話しておくことが大切です。
少し趣味を聞いたくらいだと好みが分からないこともあるため、なるべく詳しいところまで情報を聞き出すことが大切です。

還暦祝いを用意するのは時間もお金もかかりますが、やはり感謝を伝えて贈ったときは自分自身も気持ち良いものです。