ビジネスマン向け冠婚葬祭マナー紹介サイト

  1. >
  2. >
  3. 開店祝い

開店祝い

開店祝いを贈るタイミングは、必ずお店のオープンまでに

開店祝いを贈る場合、いつまでに品物などを贈ればいいか迷うこともあります。
こうしたことになる理由は、開店祝いを日常的に贈ることはあまりないためです。
普段から頻繁にプレゼントなどをしていればすぐにタイミングが分かるかもしれませんが、多くの人は知らないのが一般的です。

では開店祝いはどういったタイミングで贈るべきかというと、これは「お店がオープンするまで」に渡すのがマナーとされています。

新規開店の場合、お店はとても忙しくなることが多いため、なかなか落ち着いて渡すタイミングがありません。
そのため、お店にまだお客さんが訪れておらず、ゆっくりとお祝いの言葉を伝えられる開店前がおすすめなのです。
こうしたことを知らずに開店祝いを考えると、間違ったタイミングで渡してしまうことがあるため気をつけましょう。

開店祝いとして贈る品物の種類とは

開店祝いとして贈るものとして一般的なのは、「花」です。
花は多くのお祝いの場で渡されますが、開店祝いの場合は特に大きな花を贈ることが多いです。
よく新しくオープンしたお店の前に花が名前付きで並ぶことがありますから、あの状況をイメージすると良いでしょう。

こうした花は普段は購入する機会がないかもしれませんが、実は生花店で購入することができます。
お店のスタッフはこうしたお祝いとして花を渡すことに慣れているため、「開店祝いを贈りたい」と伝えるだけでスムーズに対応してもらえるはずです。

開店祝いを贈るときのメッセージ例

開店祝いを贈るときは、花と合わせてメッセージも添えるといいでしょう。
あなたの心からの言葉を伝えることで、お店を開店した人はさらに嬉しくなるはずです。

メッセージの例としは、次のような内容が良いでしょう。
取引先などに贈る例としては、「ご開店、誠におめでとうございます。商売が繁盛されることを、心よりお祈りしております。何かお役に立てることがあれば、何でもおっしゃってください」のような内容で贈ります。

この場合、まずは敬語に気をつけることが非常に大切です。
敬語は社会人のマナーとして基本的なことであり、お祝いを贈るときは特に気をつけておく必要があります。
敬語ができていないと、メッセージを添えても逆にマイナス印象になってしまうことがあるため注意してください。

また、友人などがお店を開いたときは、次のような文がおすすめです。
「開店おめでとう!長年の夢が叶って、僕も嬉しいです。これからも努力は必要だと思うけど、君ならできると思っています。またときどきお店に遊びに行きます」のような形で贈れば、きっと友人も感謝してくれます。

友人へのメッセージはお祝いの言葉と共に、今後の発展も願う気持ちを込めるのがおすすめです。