ビジネスマン向け冠婚葬祭マナー紹介サイト

  1. >
  2. >
  3. チップのマナー

チップのマナー

日本旅館では、チップを払うときがある

日本と海外で大きく違う文化の代表例に、「チップ」があります。
チップはサービスをしてくれた方へのお礼として手渡すお金ですが、日本ではあまり一般的ではなく、支払わないのが普通です。
これに対して海外ではチップを払うのが一般的で、多くの場合はマナーとして渡す必要があります。

ただ、日本でもチップを払う場面はあります。
それは「日本旅館」を利用する場合です。
日本旅館では仲居さんがサービスなどをしてくれますが、このときに「心付け」としてチップを渡す場合があります。

これは必ず支払わないといけないものではなく、支払うかどうかは人それぞれの自由です。
そのため無理に払う必要はありませんが、旅館の方は手渡してくれた人に好印象を持つことがありますし、客としても接客でお世話になった気持ちを表すことができます。

ただ、旅館によってはこうした心付けを気持ちだけ頂き、お金自体は受け取らないことがあります。
このような場合は無理に押し付けたりはせず、場の雰囲気からどう振る舞うかを察するようにしましょう。

海外レストランでのチップのマナーや相場は、国によって異なる

日本ではなく海外のレストランでは、チップを払うのが一般的です。
ただ、ここで気をつけておきたい点として、「チップをどう渡すかは、国によって違う」ということを理解しておきましょう。

海外とひとことで言ってもさまざまな国があり、それぞれに文化や風習は大きく変わります。
様々な国を「海外」とひとまとめに考えるのは良くなく、「アメリカの場合」や「イギリスの場合」など、国ごとに考える必要があります。
「アメリカではこうだったからイギリスもこうだろう」と、ひとまとめに考えてしまうと事情をあまり理解していないと思われることがあるため気をつけてください。

例えばベトナムの場合、海外のレストランではチップを必ず払う習慣はありません。
もちろん渡すと喜んでもらえますが、渡さない人もいるため知っておくと良いでしょう。

もしチップを渡す場合、日本円に換算して100円ほどでも喜んでもらえます。
一回ならそれほど大きな負担ではないかもしれませんが、複数のお店に行くと意外と大きな額になることもあるため気をつけてください。

これに対してアメリカやイギリスの場合、レストランでは料金の15〜20%ほどをチップとして渡すのが一般的です。
かなり高く感じるかもしれませんが、これが普通のことと考えられているため、前もって準備をしておきましょう。

チップを渡すときに気をつけるべきポイント

チップを渡すときに気をつけるべきこととして、「前もって現金を用意しておく必要がある」ということが挙げられます。
現金を用意していないと、いざチップを払おうと思っても渡すことができません。

特に最近はキャッシュレス化が進んでおり、現金を持たないことも増えています。
海外に行くときは、ある程度現金を用意しておきましょう。