ビジネスマン向け冠婚葬祭マナー紹介サイト

転勤・異動

できるだけ迷惑をかけないように…

住み慣れた土地を離れる可能性があるビジネスマンは、転勤や異動の時期が近づいてくると何やら落ち着かなく鳴るのではないでしょうか?
ただでさえ、転勤や異動の準備をしなければいけないと気が気でないかもしれませんが、今までお世話になった職場の方やお得意先に対してきちんと挨拶をしなければいけませんが、相手に迷惑をかけないようにしなければいけません。
スムーズに今の職場を去るように準備しておくべきことをご紹介します。

引き継ぎをしっかり行う

転勤や異動に伴い、今まで自分がやってきた仕事を引き継ぎしなければいけません。
余裕のある引き継ぎ期間があれば良いのですが、急に転勤や異動をすることになった場合は満足に引き継ぎができない可能性もあります。

そこで、後任者にも仕事の内容がすぐにわかるようにデータを残しておいたり、仕事内容を細かく記載したノートなどを残しておきましょう。
それでもわからない場合にはいつでも連絡をして聞いてくれるように後任者へ伝えておくと良いです。
これで仕事においては迷惑をかけることがないはずです。

仕事の引き継ぎと合わせて今までお世話になった取引先にも連絡を入れることになりますが、職場によっては外部に周知させる時期が決められている場合があります。
この場合は解禁日を待って連絡を入れるようにしますが、できるだけ直接会って挨拶をするようにしてください。
この他にもお世話になった人がいればきちんと挨拶をするように心がけましょう。

転勤や異動に伴い、現在の場所にはもう二度と戻ってこないかもしれないという場合でも、きちんと挨拶をして去ることが大切です。
この先仕事やプライベートで何らかの繋がりが生じる場合もありますので、きちんと別れ際に挨拶を済ませておくことが必要になるのです。

転勤や異動をした後について

転勤や異動をしたことで新しい職場に行ったら、一日でも早く仕事に慣れるようにしてください。
仕事内容だけでなく、職場や取引先の顔と名前をしっかり覚えてください。
新しい環境に慣れるのに大変だと思われますが、まずは良好な人間関係を築くことが仕事を上手く進めるコツになります。

新しい職場に着任してから1ヶ月後くらいを目処にして挨拶状を今までお世話になった人に送りましょう。
前の職場でお世話になった取引先や知人はもちろん、同じ職場にいた方達にも近況報告を兼ねて連絡をすると良いです。
挨拶状では異動した年月日と新しい職場の場所や部署名、新居の住所などを記載するようにしてください。
今までお世話になったお礼や、これからも変わらずお付き合いをお願いするという内容にすると良いでしょう。

このような挨拶をしっかり行うことが社会人として当たり前の事だと認識することが大切です。