ビジネスマン向け冠婚葬祭マナー紹介サイト

転勤

環境が変わる度に挨拶が必要です

全国各地に支店や営業所が存在している職場に在籍している方は、数年おきに人事異動があり転勤をしなければいけません。
せっかく慣れたと思ったら、また転勤という事態にもなりかねないため、仕事だけでなくプライベートでも大変に感じられるものです。
お子さんがいるご家庭では、家族にも大きな影響を及ぼしかねないため、場合によっては単身赴任をするという事態に発展するかもしれません。
転勤に伴い何かと周囲がバタバタと忙しい日々が続きますが、社会人としてきちんと挨拶をすることが必要です。
今までお世話になった職場にお世話になった事に対して感謝の気持ちを伝えて別れを告げ、新しい職場でもよろしくお願いしますという気持ちを込めて挨拶をする必要があります。
取引先にも挨拶状やメールで連絡を入れておくことが大切です。

参考:http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1079764300

転勤に伴う挨拶の仕方

職場の関係で頻繁に転勤する機会が多い方はとても大変な思いをされているでしょう。
引っ越しの準備や引越し先での新生活に向けて準備を整えなければいけないため、何かと慌ただしく感じられます。
その中でどんな挨拶をしたら良いのか考えている暇もないという方もいますが、決して難しい挨拶を考える必要はありません。
基本的な内容としては、何日付けでどこへ異動するのか、現在の職場で大変お世話になった事に対する感謝の言葉を伝えることが大切です。
異動先でも頑張るという抱負を語り、現在の職場の発展を祈っていると伝えるのが一般的です。
送別会をしていただいた場合も、同じような内容になっても構いません。

異動先でも基本的には何日づけでどこから異動になったのか、以前の職場ではどのような仕事を担当していたのか、異動先の一員として頑張りたいという抱負などを話してください。
歓迎会を開いてくれる場合は、忙しい合間をぬって会を企画してくれた事に対する感謝の気持ちを伝えることが大切です。
環境が違う異動先でも、スムーズに仕事に馴染むことができるようにしたいものです。

転勤を知らせる挨拶状やメール

前の職場でお世話になっていた方や取引先の担当者に対しては、改まって転勤をした事をお知らせする挨拶状を送付するか、簡易的にメールでお知らせすることが大切です。
目上の方には基本的にはメールではなく挨拶状を用意して郵送するのが正しいマナーになります。
正式には時候の挨拶から始まり、異動になった日付や新任地をお知らせして、これまでお世話になったことに対するお礼の言葉を書くのが一般的です。
自分の代わりに担当になった後任者にも変わらないお付き合いをお願いすることも忘れないでください。
新任地の取引先にも新しく担当になったことをお知らせする挨拶状を送付しておくと良いです。