ビジネスマン向け冠婚葬祭マナー紹介サイト

引越し

臨機応変に対応を

引越しの際には挨拶をするべきという考え方と、挨拶をしない方が良いという考え方がありますが、ビジネスマンの場合は社会人の常識として考えるときちんと挨拶をした方が良いと言えます。
今回は引越しの挨拶をする際に気をつけたいことをいくつかご紹介します。

引越し前の挨拶

今まで住んでいた所では挨拶をする必要がないと考える人もいるようですが、社会人としては今までお世話になりましたという気持ちも込めてきちんと挨拶をした方が良いです。
特に大家さんや管理人さんに対しては、きちんと挨拶をしておくことで退去の際に気持良く離れることができますので、だいたい千円くらいの品物を持参して挨拶をするようにしてください。

近所の方に対しては、引越しの際に騒がしくなって迷惑をかけてしまうことも考慮してきちんと挨拶をしておくべきです。
500円くらいの消耗品でも構いませんので、今までお世話になりましたという言葉を添えて挨拶をするとお互いに気持ちが良いものです。
ただし、相手が留守にしがちでなかなか会えないという場合もありますので、やむを得ないという場合はメモを添えて玄関先に置いても良いでしょう。・

引越し後の挨拶

引越し先でも大家さんやご近所の方への挨拶をした方が良いとされていますが、注意が必要なのは女性が一人暮らしをする場合です。
特に都市部では女性が一人暮らしであることを周囲に漏らさない方が良いとされているため、引越し後の挨拶を控えるという方も多いです。
どうしてもやむを得ないない場合は挨拶をしないという選択肢もありますが、最近は引越し業者に挨拶を代行してもらうこともできます。
臨機応変に対応して、引越し先でも気持よく暮らせるようにしたいものです。

マンションやアパートの場合は挨拶に行ってもなかなか会うことができないというケースもありますが、せめて上下左右の人に対しては挨拶をした方が無難だと考えてください。
特に生活音の問題で近所トラブルに発展しやすいため、お互いにどんな人が暮らしているのかを知っておくことが良い場合もあります。

一戸建ての場合で新築工事をこれから始めるという場合は、ご近所にきちんと挨拶をしておくべきです。
工事の音が周辺に迷惑をかける可能性が高いので、きちんと挨拶をしておかなければ今後の生活にも支障が出る可能性があります。
挨拶をする目安としては両隣と向こう三軒ですが、同じ町内会の区域は挨拶をしておくべきです。

社宅や官舎に入居する場合は、ご近所さんが職場の人達ということもあり、丁寧に挨拶をしておくべきですが、場合によっては慣例により挨拶を行わないという場合もありますので事前に確認しておいた方が良いでしょう。