ビジネスマン向け冠婚葬祭マナー紹介サイト

挨拶

aisatu_03

人とのお付き合いでは必ず行うもの

ビジネスシーンに限らず、プライベートでも人と会った時には挨拶をするのが常識です。
きちんと挨拶をしましょうということは、子供の頃から大人に教えられているはずですが、残念ながら大人になってもきちんと挨拶すらできない人がいるものです。

どんなシーンでも挨拶が必要だといわれる理由は、お互いに円滑な人間関係を築くために必要になるからです。
あなたが顔見知りの人に出会った時、相手は明らかにあなたの存在に気が付いているのに知らんぷりをして通り過ぎてしまうと何だ嫌な気分になりませんか?
挨拶くらいしても良いのになと、残念な気持ちでいっぱいになってしまいますよね。

また、不愛想な表情と言葉だけで「こんにちは」と言われるよりも、笑顔で言われた方が気持ち良いものです。
お互いに不快な気持ちを感じるような挨拶は、挨拶とは呼べません。
当然ながらビジネスシーンでは一人の人間として信頼を大きく損なう可能性があることを覚えておきましょう。

このようにビジネスシーンではさまざまな機会で挨拶をするものです。
挨拶と言っても言葉で交わすものだけでなく、文書として書き残す場合もあります。
TPOに合わせて適切な挨拶ができることが、社会人として常識でもあり仕事ができる人間として必須のスキルともいえます。

参考:http://www.jp-guide.net/manner/ao/aisatsu2.html

ビジネスシーンで役立つ挨拶のスキル

挨拶なんて誰でもできて当然だと感じている方も多いですが、実際にビジネスの場で挨拶をしている様子を確認してみると、思っていた以上にきちんと挨拶ができていない方が多いようです。
一番多い表情が硬いままで挨拶をしているケースは、まだ仕事に慣れていない新入社員に多く見られる傾向があります。
できるだけ表情を柔らかくして、相手の目をしっかり見て挨拶をするのがポイントです。
目も合わせずに言葉だけで挨拶をしても、感じが悪いと思われてしまうので注意しましょう。

社会人は短いスピーチとして挨拶をする機会もあります。
できるだけ相手に伝わるように簡潔な言葉にまとめて、強調したい部分はしっかり抑揚をつけることで深い印象を与えることができます。
慣れるまでは大変ですが、ぜひ練習を重ねて素敵な挨拶ができるようにしてください。

結婚

結婚に伴い上司に報告する場合や、挨拶状の書き方をご紹介します。

退社

退職をする際に挨拶をする場合や、挨拶状を書く場合の事例をご紹介します。

転勤

転勤をすることでこれまでお世話になった取引先などに挨拶状を送ります。
新しい異動先でも今後のお付き合いも円滑になるように、事前に挨拶状を送っておくと良いでしょう。

年末年始

一年間お世話になったお礼と、新年も変わらないお付き合いをしていただくことをお願いする挨拶状の書き方や、挨拶回りの注意点をご紹介します。