ビジネスマン向け冠婚葬祭マナー紹介サイト

生前葬のマナー

服装、香典などのマナー

生前葬のマナーで、重要となるマナーについて1つずつ案内を行っています。

まず、「生前葬の服装」についてですが、喪服、礼服というのは着用されている方が多いだけなので、絶対に喪服、礼服を着用して、参加しないといけないというわけではありません。
そのため、今では平服を来て生前葬に参加している人も多くいます。

ですが、以下のような服装、小物が目立つ場合には、礼儀知らずという扱いを受けることもあるので注意してください。
服装については、「地味な色」のほうが好感触となりやすいです。
なので、派手ないろは避けるようにしましょう。
他にも、「ロゴなどが多数入っている服」は着ないほうが良いです。
他の参列者と比較して目立ちすぎる、もしくはカジュアルファッションのような雰囲気が出てしまうからです。

それと、小物は「最低限だけ身に付ける」ということも大事です。
ハンカチ、数珠、時計であれば大きな問題になりませんが、指輪、ペンダントといった小物が複数見られる場合、葬儀式場の入場前に取り外しておくと、清潔な格好で葬儀に参加できるようになります。
また、葬儀の内容によっては「明るい色の服装を着用しても問題ない」ので、そのことも理解しておいたほうが良いでしょう。

近年では、厳粛な場で執り行う葬儀だけでなく、「参列者も楽しめるような明るい葬儀」が増えてきました。
なので、このような葬儀に参加されるという場合は、あらかじめ遺族に対して服装に関する質問を行っておき、問題のない服装で葬儀に参列するという対応をとることも必要です。

葬儀式場のマナー

葬儀式場のマナーについてですが、生前葬のマナーの中でも、葬儀式場に関するマナーは曖昧な状況となっています。
というのも、「業者を通じて葬儀式場を決める家族」が多いからです。
なので、定例とされている場所で葬儀を執り行わないといけない・・・、というマナーは存在しません。
近年では、葬儀式場が海辺になるケースも存在しますし、もしくは、葬儀式場として利用されることのない会場を、葬儀式場として使用する家族もいます。

それと、業者を通じて葬儀式場を決める際も、実は「故人、家族の要望に合った場所」を選定してくれるようになっています。
なので、故人がすでに葬儀式場を決めている場合は、その意向を業者のほうに伝えておくだけで問題ありません。
金銭的に苦しい状況にある場合は、「小規模の会場を用いて葬儀を執り行う」という対応でも問題ありませんので、無理に大きな式場を予約する必要はないのです。

また、会場内に設置される葬儀用のインテリアについても、「家族、もしくは関係者が飾り立てる」という対応を行っても、問題のある行為とはなりません。