ビジネスマン向け冠婚葬祭マナー紹介サイト

冠婚葬祭

https---www.pakutaso.com-assets_c-2015-05-YOTA93_syazaisuru15124217-thumb-1000xauto-14186

ビジネスシーンでも必ずお付き合いがあります

私達の生活に身近な行事として定着しているのが冠婚葬祭です。
人は生まれてから亡くなるまでの間に様々な行事を体験します。
自分自身が主役になる機会もありますが、時には親族や友人など近しい間柄の人が主役になる冠婚葬祭の場に出席する機会もあります。
場合によっては仕事のお付き合いとして出席する機会もたくさんあると考えられます。
どんなに仕事が出来る方でも、冠婚葬祭という不特定多数の方が参加している場で常識の感じられないような態度で出席すると本人が恥ずかしい思いをするだけでなく、属している会社の名も汚してしまう結果にもなりかねません。
あなた一人の問題ではなく、周囲の人も評価を損なう原因を作ってしまうのです。




ここではビジネスシーンで役立つ冠婚葬祭のマナーについてご紹介します。
ビジネスの場では上司や先輩、同僚、部下などそれぞれの立場が違うものです。
どんな立場であったとしても社会人として冠婚葬祭の正しいマナーを守るべきですが、自分のことを思い返してみると意外とできていない場合が多いです。
あなたが上司の立場だった場合、部下の前で失敗をするわけにはいきません。
上司という立場上、部下の見本となるべく正しいマナーを守りたいものです。
様々な冠婚葬祭行事の中で、特にビジネスシーンで起こり得る内容を中心にご紹介します。

挨拶

特別な日とは限りませんが、改まって挨拶をする機会はビジネスシーンにつきものです。
社会人ならきちんと挨拶ができて当然といえますが、きちんと挨拶をすることもできない社会人が増えていると言われています。
あなた自身の評価を落とさないためにも、TPOに応じた挨拶がすんなりとできるようになりたいものです。

結婚式

冠婚葬祭の中でもおめでたい行事として私達の生活に密着しています。
ビジネスでお付き合いがある方の結婚式にも招かれるケースがありますが、プライベートの場で参加する時と比較してかなり緊張しながら出席している方も多いです。
常識を知らないばかりに恥をかかないように注意してください。

葬式

取引先のご本人や親族が何らかの原因で急死するケースも珍しくありません。
お葬式では普段の行動が出やすいため、周囲にも十分配慮しながら適切な行動をとるようにしたいものです。
挨拶をする機会もあるので、事前に確認しておくことをおすすめします。

贈り物

仕事のお付き合いでお世話になった人にお中元やお歳暮などの贈り物を渡すことも多いはずです。
受け取る相手のことを考えて、本当に喜ばれる品物を選ぶことが大切です。相手の家族構成や嗜好をあらかじめリサーチしておき、喜んで受け取ってもらえるように心がけることが大切です。